#068
posted on 2022.03.14

Boot CampでインストールしたWindows 10のMac用キーボード対応。

Boot CampアシスタントでインストールしたWindows 10ではmacOSでのキーボードとはキー割り当てが微妙に違うため、コピペのショートカットなどがやりづらかったので、Windows上でキー設定を変更する方法のメモ。

※ Boot CampでのWindowsのMac用キーボードのキー割り当てについてのAppleの公式サイト

 

[ 割り当てを変更するキー ]

macOSでの動作と違うので、Windows上で以下のようにキー割り当てを変更する。

  1. 「英数」キー (「スペース」キーの左隣) : macOSと同じように「半角英数に入力切り替え」動作に変更する。
  2. 「command」キー : 「contorlキーの機能」を割り当てる。

テンキーがあるMac用キーボード

Boot CampのWindows上でテンキーが効かない場合、テンキー上部の「clear」キーを押すことでテンキーが有効になる。

「clear」キーにWindowsの「NumLock」キーが割り当てられている。

 

 

「英数」キーの設定を変更

「Windows 10」でも「英数」キーを押したら、macOSと同じように「半角英数」入力に切り替わるようにする。

  • Bootcampの「Windows 10」の初期状態だと、「英数」キーを押す度に、「全角カナ」入力、「半角カナ」入力の順に切り替わる。
  • 初期状態では、キーボード左下の「Caps Lock」キーに「半角英数」入力(macOSでの「英数」キーと同じ機能)が割り当てられている。

 

「Microsoft IME」の設定を変更する

「Microsoft IME」の設定を下記に変更すると、「かな」キーで「全角かな」入力、「英数」キーで「半角英数」入力に切り替わるようになる。

  1. タスクバー右側に表示されている入力方式の表示(「あ」や「A」)を右クリック。
  2. 「設定(S)」を選択。(「Microsoft IME」の設定が開く。)
  3. 「キーとタッチのカスタマイズ」を選択。
  4. 「キーの割り当て」の項目を「オン」にする。
  5. 「無変換キー」を「IME-オフ」にする。(「IME」がオフになるので、キーの機能が「直接入力」になる。)
  6. 「変換キー」を「IME-オン」にする。

 

 

「command」キーのキー割り当て設定を変更

Windowsのアプリケーション「レジストリ エディター」を使ってキーマップを登録し、「command」キーに「contorlキーの機能」を割り当てる。

  • Bootcampの「Windows 10」の初期状態では、「command」キーには「Windowsキーの機能」が割り当てられている。(macOSとは、コピペのようなショートカットを使うときのキー配置が異なる。)
  • コピペなどをmacOSと同じショートカットにするために、「command」キーに「contorlキーの機能」を割り当てる。
  • 「contorl」キーが空くので、「command」キーが元々持っていた「Windowsキーの機能」を割り当てる。

 

「command」キーと「contorl」キーの割り当てを変更

「command」キーに「contorlキーの機能」を割り当て、「contorl」キーに「Windowsキーの機能」を割り当てる。(実質的に、初期設定の「command」キーと「contorl」キーを入れ替える作業。)

  1. 任意のファイル名でテキストファイルを新規作成。
  2. 作成したテキストファイルを開いて、下記の内容を記述して保存。
  3. テキストファイルの拡張子を「.reg」に変更。
  4. ダブルクリックでファイルを開く。
  5. 「レジストリ エディター」が起動するので、変更を許可して実行。
  6. Windowsを再起動する。
  7. 以降、変更した設定が反映される。

※ 「レジストリ エディター」とは、システムの設定情報などを保管する「レジストリ」(registry)の内容を閲覧・編集するためのアプリケーション。

※ 「レジストリ」はシステムの動作に影響を与えるので、設定変更などは慎重に行う。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Keyboard Layout]
"Scancode Map"=hex:00,00,00,00,00,00,00,00,04,00,00,00,5b,e0,1d,00,1d,00,5b,e0,1d,e0,5c,e0,00,00,00,00

 

設定を元に戻す場合

上述で登録した「Scancode Map」を削除する。

  1. 「レジストリ エディター」を開く。(タスクバー左の「スタートメニュー」 > 「Windows 管理ツール」 > 「レジストリ エディター」。)
  2. 「レジストリ エディター」上で、「HKEY_LOCAL_MACHINE」 > 「SYSTEM」 > 「CurrentControlSet」 > 「Control」 > 「Keyboard Layout」を開く。
  3. 該当の「Scancode Map」を選択して削除する。(間違わないように値を確認する。)

 

 

この記事をシェア
この記事のURL

https://memo.ag2works.tokyo/post-4153/

コピー
この記事のタイトル

Boot CampでインストールしたWindows 10のMac用キーボード対応。 | memo メモ [AG2WORKS]

コピー
この記事のリンクタグ

<a href="https://memo.ag2works.tokyo/post-4153/" target="_blank" rel="noopener">Boot CampでインストールしたWindows 10のMac用キーボード対応。 | memo メモ [AG2WORKS]</a>

コピー
※ フィールドをクリックでコピーするテキストの編集ができます。

この記事へのコメント

コメントの書き込みはまだありません。

  • コメント内のタグはエスケープ処理され、文字列として出力されます。
  • セキュリティーのため、投稿者のIPアドレスは取得されます。
  • 管理者が内容を不適切と判断したコメントは削除されます。
  • このフォームにはスパム対策として、Googleの提供するreCAPTCHAシステムが導入されています。
    (Google Privacy Policy and Terms of Service.)