#029
posted on 2021.03.04

MAMPのURLを「localhost:8888」から「localhost」に変更。

CATEGORY

MAMPの初期設定のWebサイトのURL「http://localhost:8888/」からポート番号を外したループバックアドレス(ホスト名なら「http://localhost/」、IPアドレスなら「http://127.0.0.1/」)でアクセスできるようにする方法のメモ。

 

Webサーバーのポート設定を「8888」から「80」にすることで、ブラウザのリクエストURLのポート番号部分を省略できるようになる。(HTTP通信である「http://」の場合。)

 

MAMP Version 6.3で動作確認。

 

ポート番号の設定を変更する

MAMPを起動 > 「Preferences」 > 「Ports」 > 一番下の項目の「80 & 3306」のボタンをクリック > 上の項目のWebサーバーのポート番号が「80」に変更されたのを確認して「OK」をクリックして完了。(手動で「80」と入力しても同じ。)

 

ポート番号無し(「http://localhost/」)でURLを指定した場合は、ブラウザがポート番号「80」を付加した状態(「http://localhost:80/」)でリクエストするので、Webサーバーのポート番号設定を「80」にしておけばポート番号を省略したURLでアクセスできるようになる。

※ SSL通信の「https://」の場合は、ポート番号「443」。

1つのサーバーには0番から65535番までの番号で識別される「ポート」(port)と呼ばれる接続の窓口が存在し、ウェルノウンポート(well-known ports)とよばれる0番から1023番のポートには、HTTP通信で「80」、FTP通信で「21」など国際基準で推奨されている割り振りがある。(IT用語辞典)

 

URLにポート番号の指定が無ければブラウザは「http://」から判断して「80」にアクセスするが、他のポート番号へのアクセスをリクエストする場合は明示的にURLにポート番号を指定する必要がある。

 

 

この記事をシェア
この記事のURL

https://memo.ag2works.tokyo/post-1409/

コピー
この記事のタイトル

MAMPのURLを「localhost:8888」から「localhost」に変更。 | memo メモ [AG2WORKS]

コピー
この記事のリンクタグ

<a href="https://memo.ag2works.tokyo/post-1409/" target="_blank" rel="noopener">MAMPのURLを「localhost:8888」から「localhost」に変更。 | memo メモ [AG2WORKS]</a>

コピー
※ フィールドをクリックでコピーするテキストの編集ができます。

この記事へのコメント

コメントの書き込みはまだありません。

  • コメント内のタグはエスケープ処理され、文字列として出力されます。
  • セキュリティーのため、投稿者のIPアドレスは取得されます。
  • 管理者が内容を不適切と判断したコメントは削除されます。
  • このフォームにはスパム対策として、Googleの提供するreCAPTCHAシステムが導入されています。
    (Google Privacy Policy and Terms of Service.)