#014
posted on 2021.01.11

サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLをルートディレクトリに変更。

さくらのレンタルサーバのコントロールパネルにあるクイックインストールではルートディレクトリにWordPressをインストールできなかったので、サブディレクトリにインストールした場合のサイトURLの最適化のメモ。

PHPと.htaccessでアクセス先のディレクトリをリライトする。

 

例) 「https://memo.ag2works.tokyo/wp/」にインストールしたWordPressのサイトURLを「https://memo.ag2works.tokyo」に変更。

 

(さくらのレンタルサーバでも、コントロールパネルからではなくFTP経由での手動インストールならルートディレクトリできるので、この対処は不要。)

 

  1. WordPress管理画面の設定にある「サイトアドレス(URL)」を変更。
  2. WordPressをインストールしたディレクトリにある「index.php」と「.htaccess」をルートディレクトリに複製。
  3. ルートディレクトリに設置した「index.php」と「.htaccess」の記述内にあるディレクトリの指定を修正。

 

WordPress側の設定変更

インストールしたWordpressの管理画面 > 「設定」 > 「一般」 > 「サイトアドレス(URL)」を変更したいURL(ルートディレクトリのURL)に変更。

※「WordPress アドレス (URL)」は変更しない。

 

例) 「https://memo.ag2works.tokyo/wp/」を「https://memo.ag2works.tokyo」に変更。

 

 

サーバー上のファイルの変更

(1) FTPでサーバーにアクセスして、WordPressをインストールしたディレクトリにある「index.php」と「.htaccess」のファイルを複製してルートディレクトリに設置する。

 

(2) ルートディレクトリに複製した「index.php」の記述内容を変更。

・PHPのrequireで「wp-blog-header.php」を読み込んでいる行を、ルートディレクトリからのパスに修正。

例) 「wp」のディレクトリにインストールした場合は「’/wp/wp-blog-header.php’」に修正。

require __DIR__ . '/「実際にインストールしたサブディレクトリ名」/wp-blog-header.php';

 

(3) ルートディレクトリに複製した「.htaccess」の記述内容で、サブディレクトリが指定されている箇所を全てルートディレクトリに変更。

1. サブディレクトリ名が「wp」ならば「RewriteBase /wp/」となっている行を変更。

RewriteBase /

2. サブディレクトリ名が「wp」ならば「RewriteRule . /wp/index.php [L]」となっている行を変更。(HTTPステータスを301でリダイレクトも追加。)

RewriteRule . /index.php [R=301,L]

 

この記事をシェア
この記事のURL

https://memo.ag2works.tokyo/post-608/

コピー
この記事のタイトル

サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLをルートディレクトリに変更。 | memo メモ [AG2WORKS]

コピー
この記事のリンクタグ

<a href="https://memo.ag2works.tokyo/post-608/" target="_blank" rel="noopener">サブディレクトリにインストールしたWordPressのURLをルートディレクトリに変更。 | memo メモ [AG2WORKS]</a>

コピー
※ フィールドをクリックでコピーするテキストの編集ができます。

この記事へのコメント

コメントの書き込みはまだありません。

  • コメント内のタグはエスケープ処理され、文字列として出力されます。
  • セキュリティーのため、投稿者のIPアドレスは取得されます。
  • 管理者が内容を不適切と判断したコメントは削除されます。
  • このフォームにはスパム対策として、Googleの提供するreCAPTCHAシステムが導入されています。
    (Google Privacy Policy and Terms of Service.)