#021
posted on 2021.01.17

InstagramグラフAPIでハッシュタグやアカウント名を指定して投稿の取得。

CATEGORY

ハッシュタグまたはアカウント名指定でInstagramの投稿を取得する方法のメモ。

※ InstagramグラフAPIの有効期限の無いアクセストークンの取得方法は前の記事を参照。

 

グラフAPIバージョン v9.0で検証。(グラフAPIのバージョン情報。)

 

インスタグラムのハッシュタグ指定で投稿を取得

「ビジネスアカウントのID」と「無期限アクセストークン」が事前に必要。

 

ハッシュダグのIDを取得してから、ハッシュダグのIDで投稿情報を取得する。

(v9.0では、おそらく取得件数の指定はできずデフォルト25件。)

 
ハッシュタグのIDを取得

ハッシュタグ検索の公式リファレンス

$graphapi_url = 'https://graph.facebook.com/v9.0/';//バージョンに合わせて変更
$id = 'ビジネスアカウントのID';
$query = 'IDを取得したいハッシュタグ';
$access_token = '無期限アクセストークン';

$data_url = $graphapi_url.'ig_hashtag_search?user_id='.$id.'&q='.$query.'&access_token='.$access_token;

 

ハッシュタグの投稿を取得

最近の投稿(recent_media)か人気の投稿(top_media)を指定して取得。

v9.0で使用できる条件のパラメーター : recent_media,top_media

最近の投稿で取得できる「fields」のパラメーターの公式リファレンス

人気の投稿で取得できる「fields」のパラメーターの公式リファレンス

v9.0で取得できるパラメーター : caption,children,comments_count,id,like_count,media_type,media_url,permalink,timestamp

$graphapi_url = 'https://graph.facebook.com/v9.0/';
$hashtag_id = 'ハッシュダグのID';
$condition = 'recent_media(最近の投稿)かtop_media(人気の投稿)';
$id = 'ビジネスアカウントのID';
$fields = '取得したいパラメーター';
$access_token = '無期限アクセストークン';

$data_url = $graphapi_url.$hashtag_id.'/'.$condition.'?user_id='.$id.'&fields='.$fields.'&access_token='.$access_token;

 

 

インスタグラムのアカウント名指定で投稿を取得

「ビジネスアカウントのID」と「無期限アクセストークン」が事前に必要。

 

Business Discoveryで取得できる「fields」のパラメーターの公式リファレンス

(取得できるのはビジネスアカウントかクリエイターアカウントのユーザーの投稿のみ。)

v9.0で取得できるパラメーター : id,ig_id,username,profile_picture_url,media_count,followers_count,follows_count,name,biography,website,permalink,media_type,media_url,children

$graphapi_url = 'https://graph.facebook.com/v9.0/';
$id = 'ビジネスアカウントのID';
$username = '取得したいアカウントのスラッグ';
$post_num = 10;//取得したい投稿数
$fields_01 = '取得したいアカウントのパラメーター';
$fields_02 = '取得したいメディアのパラメーター';
$access_token = '無期限アクセストークン';

$data_url = $graphapi_url.$id.'?fields=business_discovery.username('.$username.'){'.$fields_01.',media.limit('.$post_num.'){'.$fields_02.'}}&access_token='.$access_token;

 

取得したJSONデータの整形は前の記事を参照。

 

 

この記事をシェア