#002
posted on 2020.12.26

MacのFinderに隠しファイル表示とタイトルバーにパス表示。

Finderの設定を変更して、隠しファイルの表示と、タイトルバーに現在のパスを表示する方法のメモ。

 

ターミナルで「defaults」コマンドを実行してFinderの設定を変更する。

[ defaultsコマンド ]

plist(property list)と呼ばれるMac内のアプリやシステムの設定が記述されているファイルを指定して、設定値の追加、変更、削除、検索を行うコマンド。(「User/Library/Preferences/」ディレクトリ以下のplistファイルが対象。)

「defaults」コマンドの詳細は、「man」コマンド(「man defaults」)でマニュアル参照。

 

 

隠しファイルを表示

「defaults」コマンドで設定にtrueを書き込む。

defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

反映させるためにFinderを再起動。

killall Finder

元に戻す場合は設定を削除してFinderを再起動。

defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
killall Finder

 

 

Finderのタイトルバーにフルパスを表示

「defaults」コマンドで設定にtrueを書き込む。

defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle -boolean true

反映させるためにFinderを再起動。

killall Finder

元に戻す場合は設定を削除してFinderを再起動。

defaults delete com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle
killall Finder

 

 

この記事をシェア
この記事のURL

https://memo.ag2works.tokyo/post-54/

コピー
この記事のタイトル

MacのFinderに隠しファイル表示とタイトルバーにパス表示。 | memo メモ [AG2WORKS]

コピー
この記事のリンクタグ

<a href="https://memo.ag2works.tokyo/post-54/" target="_blank" rel="noopener">MacのFinderに隠しファイル表示とタイトルバーにパス表示。 | memo メモ [AG2WORKS]</a>

コピー
※ フィールドをクリックでコピーするテキストの編集ができます。

この記事へのコメント

コメントの書き込みはまだありません。

  • コメント内のタグはエスケープ処理され、文字列として出力されます。
  • セキュリティーのため、投稿者のIPアドレスは取得されます。
  • 管理者が内容を不適切と判断したコメントは削除されます。
  • このフォームにはスパム対策として、Googleの提供するreCAPTCHAシステムが導入されています。
    (Google Privacy Policy and Terms of Service.)