#027
posted on 2021.02.09

GoogleカレンダーのカレンダーIDとAPIキーの取得方法。

GoogleカレンダーのカレンダーIDと、Google Calendar APIのAPIキーの取得・設定のメモ。

 

 

カレンダーIDの取得

  1. IDを取得したいカレンダーの管理権限があるGoogleアカウントにログインしてGoogleカレンダーに行く。
  2. 左カラム下部にある「My calendars」(「マイカレンダー」)の中のIDを取得したいカレンダーの「Settings and sharing」(「設定と共有」)を開く。
  3. 下部にある「Integrate calendar」(「カレンダーの統合」)の項目に「Calendar ID」(「カレンダーID」)がある。

 

※ 上部にある「Access permissions」(「予定のアクセス権限」)の項目でカレンダーの公開状態、公開範囲を設定できる。

※ 「Share with specific people」(「特定のユーザーとの共有」)の項目で任意のGoogleアカウントやAPIのサービスアカウントとカレンダー共有の設定ができる。

 

 

APIキーの取得

  1. Google API Consoleの「APIs & Services」(「API とサービス」)へ行き、メニューバー内の既存プロジェクトを選択するボタンから「New Project」(「新しいプロジェクト」)で任意の名前を付けてプロジェクトを新規作成。
  2. 作成したプロジェクトを選択した状態で左カラムのメニューから「Library」(「ライブラリ」)をクリック。
  3. APIの中から「Google Calendar API」を選択して、「ENABLE」(「有効にする」)にする。
  4. プロジェクトのダッシュボードに戻り、左カラムのメニューから「Credentials」(「認証情報」)を選択。
  5. メインカラム上部にある「CREATE CREDENTIALS」(「認証情報を作成」) > 「API Key」(「API キー」)でAPIキーを作成。
  6. 作成したAPI Keyをクリックして、詳細ページ右上の欄にAPIキーが表示される。

 

そのままでは、APIキーへのアクセスに制限が無いので、「API Key」の詳細ページにある「Application restrictions」(「アプリケーションの制限」)の項目でアクセス制限の設定をする。

  • none : 制限無し
  • HTTP referrers (web sites) : HTTPのリファラーを確認してURLで制限。
  • IP addresses (web servers, cron jobs, etc.) : IPアドレスで制限。
  • Android apps : アンドロイドアプリで制限。
  • iOS apps : iOSアプリで制限。

「HTTP referrers」で許可するURLを指定するときは、特定のURLを指定するか、「*」(ワイルドカード)を使う。

  • 「memo.ag2works.tokyo/特定のパス」 : 特定のURLのみ。
  • 「ag2works.tokyo/*」 : ドメイン以下すべて。
  • 「memo.ag2works.tokyo/*」 : 特定のサブドメイン以下すべて。
  • 「*.ag2works.tokyo/*」: すべてのサブドメイン以下すべて。

※ リファラーは簡単に偽装できるので、リファラーでの制限にあまり意味は無い。(サーバーサイドで動作するようにしてサーバーのIPアドレスで制限する方が無難。)

 

[ プロジェクトの削除 ]

作成したプロジェクトを削除する場合は、画面左上のメニューボタン > 「IAM & Admin」(「IAMと管理」) > 「Settings」(「設定」) > 「SHUT DOWN」(「シャットダウン」)。

 

 

サービスアカウントの作成

  1. プロジェクトのダッシュボードに行き、左カラムのメニューから「Credentials」(「認証情報」)を選択。
  2. メインカラムの「CREATE CREDENTIALS」(「認証情報を作成」) > 「Service account」(「サービスアカウント」)でサービスアカウントを作成。
  3. 作成したサービスアカウントをクリックして、詳細ページで「Email」や「Key」が確認できる。

 

 

この記事をシェア
この記事のURL

https://memo.ag2works.tokyo/post-1317/

コピー
この記事のタイトル

GoogleカレンダーのカレンダーIDとAPIキーの取得方法。 | memo メモ [AG2WORKS]

コピー
この記事のリンクタグ

<a href="https://memo.ag2works.tokyo/post-1317/" target="_blank" rel="noopener">GoogleカレンダーのカレンダーIDとAPIキーの取得方法。 | memo メモ [AG2WORKS]</a>

コピー
※ フィールドをクリックでコピーするテキストの編集ができます。

この記事へのコメント

コメントの書き込みはまだありません。

  • コメント内のタグはエスケープ処理され、文字列として出力されます。
  • セキュリティーのため、投稿者のIPアドレスは取得されます。
  • 管理者が内容を不適切と判断したコメントは削除されます。
  • このフォームにはスパム対策として、Googleの提供するreCAPTCHAシステムが導入されています。
    (Google Privacy Policy and Terms of Service.)